ヘアケアには、くしやブラシが欠かせません。なにより、直接髪や頭皮を刺激するものですから、育毛治療を行っているのならそれに適したくしやヘアブラシを選ぶことが重要になります。例えば、くしの尖端が尖っていると、頭皮を傷つける恐れがありますし、ナイロンブラシは安価ですが、静電気で毛髪を痛めやすいため止めておきましょう。やや高価になりますが、天然素材100%を謳った製品を選んだ方がおススメです。FDAによって認可しているアメリカに代表され、低出力レーザーの育毛効果はあちこちの国で評価を得ています。人間の体の細胞を活発に活動させたり血液循環を良くする働きがあり、育毛だけでなく他の治療においても実績があります。日本のクリニックも採用する所が珍しくなくなってきましたし、業務用よりも比較的パワーが弱めの低出力レーザー育毛器も家庭用に販売されています。髪の毛は主としてタンパク質で出来ています。髪のみならず、人間の身体にはそのほとんどがタンパク質で作られている部分がいくつも見られます。体内に取り込んだタンパク質は生命を維持するために求められる場所に重点を置いて補給されることから、あってもなくても生死に影響しない髪の毛にも分配されるためには潤沢に摂取する必要があります。ですから、育毛を考えるなら、タンパク質の含有量が多い大豆などの摂取に力を注ぐ事が必要でしょう。ストレス解消になるのも頭皮へのマッサージが育毛に良い理由です。ただ、頭皮へのマッサージにはすぐに効果があるものではございません。たったの一回や二回では目を見張るような効果を実感できないと肝に銘じてください。頭皮のマッサージは毎日定期的にコツコツ続けていくことが大切です。漢方をつかって、発毛や育毛治療をすることもできます。中医学の考えでは、薄毛になる理由として、質のよい血液が身体に行きわたらない状態の血虚や、疲れが抜けず慢性的に気(エネルギー)が不足している状態の気虚、あるいは、老化によって身体機能が衰えた状態の腎虚などを疑います。不調の原因を探して治し、免疫力や自然治癒力をアップして育毛を進めていく方法が漢方による育毛治療の効果です。AGAというのはAndrogenetic Alopeciaの略語で男性型脱毛症という意味ですが、男性のように女性でも発症する例があります。しかしAGAと言ってしまっては男性と区別がつきませんから、Female AGA(女性男性型脱毛症)、ちょっと見慣れない言葉かもしれませんが、FAGAと言われています。男性との発症の違いは、同じ薄毛でもM字状にはならないこと、毛髪が細くなって頭頂部や分け目の地肌が目立ってくること、それと女性の場合はホルモンによる脱毛抑制が期待できるので男性のように進行しないという点です。一般的に、ペパーミントは「メントール」という名称でシャンプーなどに配合されていますが、育毛効果を持っているハーブの一種です。このペパーミントオイルを使って動物実験を行った結果、育毛効果が期待できることが確認できたのです。育毛効果が実証されたからといって、実際にオイルを頭皮に塗ってしまったらその刺激の方が強いために逆効果を及ぼしますから、絶対にやろうとしては駄目です。ハーブティーを飲んで育毛効果を期待するならば、男性型脱毛症の発症に関わる酵素を阻害してくれる効果が期待できるローズマリーがベストです。長時間紫外線に当たった日には、髪の傷みがひどいと感じませんか。紫外線のダメージが一番大きいのは髪ですから、日中のお出かけには帽子・日傘・紫外線防止スプレーで強い紫外線から髪をガードすることが重要です。髪に当たる紫外線を防止しないと、ただでさえ増える秋の抜け毛が大量になって、薄毛の原因の大きな一つとなりえます。外に出て、日差しが強いと感じたら、紫外線を防止するという育毛をしてはいかがでしょうか。炭酸水には優れた健康効果があるほか、育毛効果があると言われています。水の代わりに飲むのはもちろん、肌の悩みを改善してくれるので洗髪時に使うのも効果的です。生姜入り、酢入りなどのバリエーションもあるようですが、ここは炭酸水のみに絞って解説します。炭酸水を飲むと、胃が活発に動くようになり、慢性疲労時の消化不良や血行の改善に効果があるそうです。おまけに、炭酸水を利用したヘッドスパの紹介を見ると、使用感はとても良いようです。地肌の改善に役立ちます。同時に、古い角質層の除去にも一役買っているそうですね。安い店舗で購入すれば500mlや1000mlボトルが100円程度で購入できます。重たいしストックしておくのがイヤだという人は、専用シャワーヘッドを利用するのも良いでしょう。炭酸水を自宅で作るマシンも売られていますが、こちらは洗髪専用品ではなく、飲用に供することを目的としているため、一度に作れる量がシャワーヘッドに比べると少なめです。どちらかというとシャワーヘッド型のほうが手軽ですが、ほかのヘアケアとの相性も良いので、日常のケアとして取り入れてみてはいかがでしょうか。育毛剤を6ヶ月〜1年ほど使ってみて、効果が現れない時は異なるものを使ってみた方が賢明かもしれません。しかし、1ヶ月や2ヶ月で生えてきたという実感がわかないからといって使用を中断するのは、あまりにも急ぎすぎます。副作用をお感じではない場合は、半年程度は使用するようにしましょう。